ゴールデンウィーク

私が帰省していたから、父が早く仕事を終わらせて食事にいこうと、急いで竹やぶに鎌を当てていた。

すると父の手を鎌が切ってしまう。

3日たっても、指が動かず病院へ。

筋を二本切ってしまっていた。

早急に手術の手続きをとることになる。

農業を営んでいる父にとって、この忙しい時期のこの出来事の痛手は手だけではなかっただろう。

私が心を急がしたようにも思い、心苦しくて、再び帰省。

主日礼拝を欠席して、ビニールハウスの仕事を手伝うことにした。

そういえば、以前にもこんなことがあった

大学三年生、

主将で臨んだ全国大会

父も遠いところまで見に来てくれる予定だった。

しかし、その前にと急ぎ足で家の屋根修理の仕事をしていて、屋根から落下。

そして、大会の現地で母から

「父ちゃんが屋根から落ちて骨折した」

それだけを聞いて、一瞬頭が止まったが、大会だけに集中することにした。

 

結果、大会では受賞をし、より部活にのめり込むようになる。もう、父のことは忘れていた。

部活だけにすべての時間をあてた、

 

今回の帰省で、その時の話を初めて直接父から聞く。

「怪我はようけしたが、

あのときが一番痛かった。

骨盤、足の骨、背骨全部砕けた」

 

 

【次回に続く】かずこ