年末年始で帰省して、友達と会ってきた。

 

小学校から中学校までずっと一緒に行動してきた5人組(笑)(笑)

みんな大好きだ💕

5人とも個性豊かでバラバラで、でも一緒にいて落ち着くし、楽しいし、面白い。

ほんと大切な友達。

 

 

その中に、ひとり超オタクの子がいる。

中学から?アニメ、声優にはまって、今も変わらず情熱的な子。

 

ふと思った。

声優、ジャニーズが大好きな子って、めっちゃエネルギッシュ🔥

うちの部長もジャニオタだが、とてつもなくエネルギッシュ🔥

 

 

ここで改めて思ったのは、人は何かを愛したい、その愛したいという強い思いがあって、

その思いを発散する分、力がもっと湧くし、もっともっと生活が喜びであふれるんだろうな。と。

でも、私たちは神様を知らないし、現実にはその愛を発揮する対象を見つけることが難しい。

この世界に生きていて、実際に誰か愛する人を見つけてみたり、

その中で満足している気がするけど、何かが満たされなくて、

または、愛する人を見つけたと思ったけど、裏切られて、傷ついて、、、

だから、仕事は裏切らないからと、仕事に夢中になったり、

アイドルやアニメなど完全と思われる存在を対象にして、自分の愛を発散したり。

 

でもやっぱり何か満たされないことには変わりがないと感じる。

ひかり自身がそうだったから。

でも、それは答えはないと思っていた。

人はこういうものなんだと、人生こんなものなんだと。

でも、実は答えがあった。

満たされる喜び。奪われない喜び。続く喜び。

人や物からくる喜びは、瞬間的だし、自分の気分次第ですぐ変わったり、何か悪いことがあるとさっきまでの喜びがすぐに消えてしまう。

神様からくる喜びは比べ物にならない。

 

摂理にきて思ったこと。

「私は、神様を信じるということを誤解していた。」

信仰とか、祈る人とか、クリスチャンとか、

まじめだな~、なんか清いな~、大変そうだな~、敬虔だな~、厳かだな~

と思っていた。

 

そうじゃなかった、、、

神様を信じること、愛すること、祈ることは実は人間にとって最高の「快」、「喜び」だったんだ!

神様を知るまでよりも遥かに多くのエンドルフィンが出ています(笑)(笑)

 

今まで、世の中の歌をきいたり歌ったりして、心から涙したり、感動することがあまりなかったけど、摂理に来て、賛美したら、もう涙が止まらない。感動感動( ;∀;)( ;∀;)

心の底から出てくる思いで歌うから、もう歌うことがすごく楽しい。

なんというか、吐き出すというか、あふれるというか、とにかくエンドルフィン爆発状態。

 

それを持っても、やはり自分には「霊」という存在があるのだと確信する。

いままで、満たされていなかった部分。

「霊」の思い。

神様を知ること、神様を愛すること、神様とつながること、

人はこれを一番求めている。

 

だから、何かを探している人、満たされない思いをあきらめようとしている人、こんなもんだと思って生きようとしている人に伝えたい。

その答えは神様を知ることにあること。

すがるとか、より頼むとか、そんなのではなく、

根本的に、人間の構造的に考えて、人は神様を愛さなければ満たされない。

ぜひとも、神様を愛したい自分の霊の渇きに気付いてほしい。そしてどうかその渇きが潤う日が来ますように。